治療効果は?ハイドロキノンとトレチノイン使用の注意点は?

治療効果は? ハイドロキノンとトレチノイン使用の注意点は?

教えている女性

 

シミをなくすために行う治療には、色々な方法があります。
シミの状態によっては皮膚科や美容外科でレーザー治療を受けると早く改善することができます。
でも、レーザー治療を受けるのは抵抗があるという場合は、塗り薬などを用いて治療を受けることも充分可能です。

 

シミ治療に使用される外用薬は、ハイドロキノンとトレチノインの2種類が多く、得られる効果に違いがあります。
ハイドロキノンを使用する場合、アレルギーなどの症状が起こらなければ、トレチノインと併用することでより高い効果を得ることができると言われています。

 

 

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」?!

ハイドロキノンの美白作用は「お肌の漂白剤」とも呼ばれるほどです。
その効果は、アルブチンやコウジ酸など一般的な美白効果があると言われている成分のなんと100倍近くとも言われているのです。

 

ハイドロキノンは、シミやそばかすの原因となるメラニンの数そのものを減らしたり、メラニンを作りだすメラノサイトの機能を抑えることもできます。

 

これだけシミやそばかすに強力な効果があるなら、一般的な使用量の規制はうるさいのでは?と思いますが、今現在、日本で作られている化粧品類にハイドロキノンを配合する濃度は特に決められていないので、化粧品類によって自由な濃度で作ることができます。

 

アメリカでは、ハイドロキノンの配合は2%までと厳しく、それ以上配合する場合は、病院での処方となっています。
日本の厚生労働省の取り決めは、化粧品基準を設けており、その中に「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という配合してはいけない成分が記載されていますが、これはハイドロキノンとは全く別の成分なので心配いりません。

 

 

もう既に出ているシミにも作用!

ハイドロキノンは、あらゆるシミやそばかすに効果を発揮します。
美白と謳っている商品の中には、実は予防しかできないというものもありますが、ハイドロキノンの場合は、
もう既に出ているシミやそばかすにも作用し、目立たなくしていくことができます。

 

効果のあるシミやそばかすの種類は、色素沈着を起こしているシミ、肝斑、そばかす、老人性色素斑などです。

 

 

肌トラブルを起こさないためにも正しく使用する

ハイドロキノンは、効果の高いものだからこそ使用には細心の注意が必要です。

 

皮膚科や美容外科など専門医にハイドロキノンは処方してもらい、用法や用量を正しく守って使用します。
そして、定期的な診察を受け、その都度、適切な使用方法の指示を受けながら使用すると間違いありません。

 

ハイドロキノンは、使用方法によっては、白斑と呼ばれるお肌の一部分の色素が抜けてしまったり、刺激感や赤み、かぶれなどの症状を起こすことも少なくありません。

 

長期間使用を続けることで、紫外線に対する影響を受けやすくなるので、ほんのちょっとの紫外線でもシミができやすく濃くなる場合もあるので、治療中は、万全な紫外線対策を行うことが大切です。

 

 

メラニン色素をお肌の外に出すには、トレチノイン!

トレチノインは、私たち人間の血液中にほんの少しだけ流れている成分で、アレルギー反応を起こすことのない成分です。
トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体として、体の中にあるメラニン色素を排出させることができます。

 

シミの原因であるメラニンを体外へ排出する

トレチノインの体内にあるメラニン色素を排出させる力はかなり高いです。
その理由は、トレチノインにはお肌の代謝を活性化させることのできる作用が、ビタミンAの100倍〜300倍とも言われていて、ターンオーバーをかなり強力に行います。
そのため、ターンオーバーが行われる度に肌が生まれ変わるので、できてしまったメラニンを外に出すのも早くなるのです。

 

この他にも、トレチノインを長く使うことで、お肌そのものを厚く強くすることができるので、お肌のハリが自然と生まれます。
それと同時にコラーゲンやヒアルロン酸といった成分も作り出すことができるようになるため、小じわなどの悩みも改善していき美肌に大変身することも可能です。

 

トレチノインのターンオーバーの力は、ピーリング効果もあると利用する人も増えていて、シミだけじゃなく、シワの改善、ニキビ治療などお肌に関する様々な悩みの解消にも効果を発揮します。

 

効果抜群のトレチノイン!でも女性は使用に注意!

トレチノインは、シミやシワなど美肌に効果絶大です。しかし、その分皮膚への刺激を強く感じることもあります。
効果があるからこそ、専門の医師の指導の元で適切に使用することが大切です。

 

そして、一番重要なのは、妊娠中・授乳中だけじゃなく、これから妊娠の予定のある人は、トレチノインは使用することはできません。

 

トレチノインは、お腹の中の胎児や赤ちゃんに影響を与える細胞分裂に関与するビタミンAに関連するビタミン類です。
妊娠の可能性のある年齢の方が使用する場合は、細心の注意が必須です。

 

 

 

page top