トレチノインの通販でニキビ跡を劇的改善する方法

トレチノインの通販でニキビ跡を劇的改善する方法

ニキビ跡に悩む

ニキビ跡が原因となって出来るクレーター。クレーター肌だとどんなに頑張ってメイクしても汚く見えてしまうので困りますよね…。しかも、ニキビ跡で出来てしまったクレーターは、どんなに高級なスキンケア製品を使っても市販の製品では回復する見込みはありません。

 

だけど、まだ、あきらめる必要はありません。

 

トレチノインを使えば、市販のスキンケア製品では不可能なニキビ跡によるクレーターも改善することが可能です。また、トレチノインはニキビ跡だけでなくさまざまな肌トラブルに対しても有効です。

 

ここでは、トレチノインを通販で安く購入して自宅に居ながら美容クリニック並みにニキビ跡によるクレーター肌を劇的に改善する方法をご紹介します。

 

 

トレチノインとは

トレチノインとは、レチノイン酸とも呼ばれるビタミンA誘導体の一種です。ビタミンAは肌を構成する細胞の生成に欠かせない重要な要素で、ビタミンA誘導体は、肌の内部に浸透した後にビタミンAとして作用を発揮する成分のことを指します。

 

同じビタミンA誘導体には、レチノールという市販のアンチエイジング用化粧品などによく使用されている成分がありますが、トレチノインは、そのレチノールの50倍〜100倍の作用があるといわれている究極のアンチエイジング成分です。トレチノインはクリームやジェルタイプの外用薬として、治療したい部分に塗布する形で使用します。

 

 

トレチノインの効果の仕組み

トレチノインには、表皮のターンオーバーを促進してお肌の新陳代謝を活発にするとともに、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する線維芽細胞を活性化し真皮のダメージも修復します。さらに、皮脂の分泌を抑える作用や抗酸化作用もあるため高いエイジング効果が期待できます。欧米では、ニキビ治療薬の定番としても使用されています。また、ハイドロキノンという成分と一緒に利用することで、より高い美白効果も期待できます。

 

トレチノインは、以下のような肌トラブルに有効です。

  • ニキビ跡(クレーター)
  • ニキビ
  • 毛穴の黒ずみ、毛穴の開き
  • シミ・シワ
  • 肌のたるみ(ハリの回復)

トレチノインは、市販のスキンケア製品ではどうにもならないニキビ跡にもしっかり効果が期待できます!!
ニキビ跡によるクレーター肌は、ニキビによる炎症や外部からの刺激によって、表皮の下ある真皮にまでダメージが到達し損傷してしまったことが原因です。そのため、どんなに高級な成分であっても市販のスキンケア製品では真皮のダメージまで修復するのは難しいです。しかし、医療用医薬成分であるトレチノインには線維芽細胞を活性化し、真皮のダメージを修復する作用があるため、市販で使われている成分では難しいニキビ跡によるクレーターにも高い効果が期待できます。

 

 

トレチノインの使い方と注意点

使い方
  1. 洗顔後、普段使用している化粧水などでお肌を整えます。
  2. ニキビ跡など治療したい部分にのみトレチノインを薄く塗ります。
  3. 外出時は日焼け止めなどでしっかり紫外線対策を行う。
  4. 2〜6週間連続で使用した後は、6〜12週間の使用休止期間を設ける。
  5. 引き続き同じ個所を治療する場合は、休止期間後に再開する。
  • 開封後の保管は、冷蔵庫で行ってください。
  • 肌が再生する過程で、トレチノインを塗った部分に赤みや皮剥けなどの反応がでますが、これは、正常な反応です。ただし、強く出すぎる場合は使用回数を減らしたり、一旦使用を休止するなど調整をしてください。
  • 基本的には朝、夜の1日2回を目安にケアします。ただし、トレチノインの反応(赤み・皮剥け)が強く出すぎる場合は、夜のみの使用にします。
  • トレチノインを塗った部分は、紫外線に対する抵抗力が落ちてしまうので、日焼け止めなどで紫外線対策を十分に行ってください。
  • 目や口の周辺の敏感な箇所への使用はしないでください。

私のやり方
気になる箇所の治療を一気に始めるのではなく、右頬、左頬など治療したい箇所をパートごとに分けて、右頬が休止期間中に、左頬の治療を開始するなどタイミングずらして実施しました。その方が、トレチノインによる反応(赤みや皮剥け)が出る範囲も目立たなくなりますよ!

 

注意点

ビタミンAは人間の体内にもともと存在するものなので、ビタミンA誘導体であるトレチノインは、アレルギー反応などは出にくい成分です。ただ、初めてトレチノインを利用する方は、腕など目立たない箇所でパッチテストをしてから利用しましょう。また、ビタミンAは過剰摂取により胎児に影響を与える可能性があるので、妊娠中の方は使用を控え、授乳中の方はお医者さんに相談してから利用するようにしましょう。

 

 

トレチノインを通販で購入するには

劇的な効果を発揮するトレチノインですが医療用の医薬成分に指定されているため、市販のスキンケア製品へ配合することは認められていません。

 

トレチノイン配合のスキンケア製品(主にクリームやジェル)は、日本では美容医療用としてお医者さんの診察(使い方や注意点の指導など)を受けてからでないと購入することができない決まりになってます。トレチノインというのはそれほど強力であり効果が強い成分なんです!

 

そのため、楽天・アマゾンなどの一般的な通販サイトや近所のドラッグストアなどでは販売されておらず、基本的には美容クリニックや美容皮膚科などでしか購入することができません。

 

ただし、個人輸入で海外から購入する場合はそのような決まりはないので、個人輸入代行サイトなどでは、トレチノイン配合のスキンケア製品(クリーム・ジェル)が販売されています。もちろんそれを購入して利用することも認められています。(購入したものを他人へ転売することは薬機法で禁じられていますのでご注意ください。)

 

つまり、個人輸入代行サイトを利用すれば、わざわざ、美容クリニックなどに行って高いお金を払って購入しなくても、自宅に居ながら、トレチノイン配合のスキンケア製品を購入することができるのです。

 

美容クリニックや美容皮膚科では、トレチノイン代だけではなく診察料も発生します。美容目的のため、健康保険は使えず全額自己負担となってしまうので高額な料金がかかります。

 

美容クリニックの場合、治療範囲により処方されるトレチノインクリームの量は変わってくると思いますが、1ヶ月にかかる費用の目安として、トレチノインクリーム「10g」で5,000円程度、プラス診察料が3,000円程度かかるので合計8,000円程度はかかってくると思います。

 

その点、個人輸入代行サイトなら、トレチノインクリーム「20g」入りを1,000〜2,000円程度で購入することができます。

 

通販で購入する場合の注意点

トレチノイン配合クリームは、個人輸入代行サイトを利用すれば手軽に格安で通販することができますが、利用する場合は注意が必要です。

 

個人輸入代行サイトは基本的に海外法人により運営されています。低品質な物やニセモノを販売するサイトがあったり、中にはニセモノか本物かわからずに販売してるサイトもあるようです。また、商品が届かないなどのトラブルも度々発生しているようです。

 

そのため、個人輸入代行サイトを利用するには、信頼性と安全性が確保された実績のある個人輸入代行サイトを利用することが大切です。

 

 

そこで、おすすめなのが、私も長年利用している海外医薬品専門の個人輸入代行サイト「オオサカ堂」です。

 

個人輸入代行サイトして20年以上の実績を誇り、海外医薬品専門の個人輸入代行サイトとしては最大級のサイトです。

 

医薬品取扱いライセンスを保持し、個人だけでなく医療機関からも注文を受けているため、信頼性抜群の個人輸入代行サイトです。

 

価格も私の知る限り、個人輸入代行サイトのなかで最も安く販売されています。商品1個からでも送料無料なので、とりあえず1個だけ試してみたいという方にもおすすめです。

 

ちなみに、トレチノインクリームは非常に刺激の強い成分なので、はじめて使用する方は、刺激の少ない「配合濃度0.025%」から試してみるほうがいいかもしれません。

 

 

おすすめのトレチノインクリーム

レチンA」トレチノインクリーム

「レチンA」トレチノインクリームは、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd)医薬品部門のグループ企業であるJanssen-Cilag Ltdにて製造されているトレチノインクリームです。
トレチノインの配合量は、0.025%、0.05%の2種類が用意されています(※内容量が違うのでご注意ください)


レチンA(0.025%)

配合量:0.025%
内容量:10g
価格:1,333円
>>レチンA【0.025%】はコチラから


レチンA(0.05%)

配合量:0.05%
内容量:20g
価格:1,938円
>>レチンA【0.05%】はコチラから


※グループ会社であるジョンソン&ジョンソンから、「レチンA」のジェネリック品として、名前も見た目も似た「レチノA」という商品も販売されています。

 

レチノA」トレチノインクリーム

レチノA」は「レチンAのジェネリック品」として、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd.)から販売されています。トレチノインの配合量は、0.025%、0.05%の2種類が用意されています。

 

内容量が「レチンA0.025%」は10gに対し、「レチノA0.025%」は20gと倍の量が入っていますが、値段はほとんど変わりません。同じグループ会社同士の商品なので、トレチノインクリームの0.025%を利用する場合は、とくにこだわりがなければ、こちらの「レチノA」のほうが内容量が多いのでおすすめです。私もこちらの0.025%使用してニキビ跡をケアしました!


レチノA(0.25%)

配合量:0.025%
内容量:20g
価格:1,467円
>>レチノA【0.025%】はコチラから


レチンA(0.05%)

配合量:0.05%
内容量:20g
価格:1,882円
>>レチノA【0.05%】はコチラから


 

 

 

 

美容クリニックと個人輸入代行サイトのメリット・デメリット

トレチノインを利用するには、「美容クリニック(美容皮膚科)に通院する」か、「個人輸入代行サイトで通販する」か、2つの方法がありますが、それぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

 

美容クリニックのメリット・デメリット

 

メリット

美容クリニックの医師やスタッフの指導のもとトレチノインを使うので安心。また、トレチノイン以外の治療法なども提案してもらえる。(その分費用はさらに高くなってしまうけど…)

 

デメリット

価格が高い。美容クリニックでは診察料もかかり、トレチノインそのものも高額です。
さらに、治療期間中は月1回程度通院する必要がある。
以下、某クリニックの費用です。※治療範囲によってトレチノインの量は変わります。

価格表
引用元:http://www.j-clinic.jp/menu/torechinoin.html

 

 

個人輸入代行サイトのメリット・デメリット

 

メリット

価格が安い。トレチノインクリーム20gを1,000円〜2,000円購入できる。まとめ買いするとさらに安く買える。
さらに、通院する必要もなく自宅に居ながら手軽に購入できる。

 

デメリット

偽物や低品質な製品を購入してしまう危険性や商品が届かないといったトラブル。
また、使用に関しては自己責任となるので心配。

 

 

 

こんな人は、個人輸入代行サイトでの通販がおすすめ

通販する人

  • 忙しくて、美容クリニックに通う時間がない。
  • 給料が安くて、美容クリニックなんかに通えない。
  • ニキビ跡のクレーター肌をなるべく安くケアしたい。
  • いろいろ市販のスキンケア製品を試してみたけどいまいち効果を実感できない。

トレチノインは効果が強い分使い方を誤ると、肌トラブルの悪化を招く危険もあります。治療範囲が広範囲にわたる場合には美容クリニックでお医者さんの指導のもと使用することをおすすめします。

 

わたしの場合は、中学の時にできたニキビの跡による肌のへこみ(クレーター)を治療するためにトレチノインを使用しました。長年、このニキビ跡のへこみでデコボコになった肌には悩まされており、どんなにメイクが上手くいっても肌は汚く見えるし、無理に隠そうとするとただの厚塗りになってしまうし、人に顔をジッと見られるのが本当に嫌でたまりませんでした…。

 

なので、トレチノインの存在を知る前から、さまざまなスキンケア製品を試してきましたが思うような結果は得られませんでした。

 

だけど、トレチノインは、これまで試してきたスキンケア製品とは次元が違いました!!
これまでに無理して買った高級なスキンケア製品はなんだったんだ!と文句を言いたくなるくらいすごいです!!

 

トレチノインでニキビ跡が綺麗になってからは、メイクするのも楽しくなり、人目も気にならなくなりました。なかでも一番うれしいのは、これまで人からスキンケアについて質問されることは皆無でしたが、トレチノインでニキビ跡が綺麗になってからは、周りからどんなケアをしているか聞かれることが多くなったことです。

 

そんなときは「特別なことはしてないよ〜」っていいながら、めちゃくちゃ優越感に浸ってます(笑) いやっ仲のいい友達にはこっそり教えてますよ!

 

トレチノインは個人輸入代行サイトならば1,000〜2,000円で購入できるので経済的負担は大きくありません!ニキビ跡で悩んでる方はぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

ただ、個人輸入代行サイトでは偽物や低品質な製品が販売されていたり、商品が届かなくて連絡しても返答がなかったりする悪質なサイトもあります。

 

そこで、個人輸入代行サイトを利用する場合は、信頼性の高いサイトを利用する必要があります。私が長年利用している海外医薬品専門の個人輸入代行サイト「オオサカ堂」なら20年以上の実績があり、医薬品取扱いライセンスを保持し、個人だけでなく医療機関からも注文を受けているため安心して利用できますよ。

 

価格も私の知る限り、個人輸入代行サイトのなかで最も安く販売されています。商品1個からでも送料無料なので、とりあえず1個だけ試してみたいという方にもおすすめです。

 

ちなみに、私がニキビケアに使ったトレチノインクリームは、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd)の「レチノA 0.025%」という商品です。有名医薬品メーカーにより開発された商品なので高品質で安全です。
トレチノインは、刺激の強い成分なので、初めてトレチノインクリームを使う方は、濃度の低い0.025%がおすすめですよ。

 

おすすめのトレチノインクリーム

レチンA」トレチノインクリーム

「レチンA」トレチノインクリームは、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd)医薬品部門のグループ企業であるJanssen-Cilag Ltdにて製造されているトレチノインクリームです。
トレチノインの配合量は、0.025%、0.05%の2種類が用意されています(※内容量が違うのでご注意ください)


レチンA(0.025%)

配合量:0.025%
内容量:10g
価格:1,333円
>>レチンA【0.025%】はコチラから


レチンA(0.05%)

配合量:0.05%
内容量:20g
価格:1,938円
>>レチンA【0.05%】はコチラから


※グループ会社であるジョンソン&ジョンソンから、「レチンA」のジェネリック品として、名前も見た目も似た「レチノA」という商品も販売されています。

 

レチノA」トレチノインクリーム

レチノA」は「レチンAのジェネリック品」として、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd.)から販売されています。トレチノインの配合量は、0.025%、0.05%の2種類が用意されています。

 

内容量が「レチンA0.025%」は10gに対し、「レチノA0.025%」は20gと倍の量が入っていますが、値段はほとんど変わりません。同じグループ会社同士の商品なので、トレチノインクリームの0.025%を利用する場合は、とくにこだわりがなければ、こちらの「レチノA」のほうが内容量が多いのでおすすめです。私もこちらの0.025%使用してニキビ跡をケアしました!


レチノA(0.25%)

配合量:0.025%
内容量:20g
価格:1,467円
>>レチノA【0.025%】はコチラから


レチンA(0.05%)

配合量:0.05%
内容量:20g
価格:1,882円
>>レチノA【0.05%】はコチラから


 

 

 

 

 

page top